FC2ブログ
こんばんは。

記事を書くのが随分久しぶりとなります。

あれやこれやと色々ありまして、また転職してしまいました。

そして思うところがありまして英語の勉強をしようと思っています。

TOEICです。

頑張りたいと思います。
スポンサーサイト



世の中にはお金に関わる書籍が沢山ありますが、多くの人がお金についての勉強の必要性を感じているということだと思います。


僕もいくつかの書籍は読んでいます。


そんな中で特に「副収入」に関するオススメの書籍は以下のものです。



■『結局「仕組み」を作った人が勝っている』 荒濱一、高橋学 光文社知恵の森文庫


■『やっぱり「仕組み」を作った人が勝っている』 荒濱一、高橋学 光文社知恵の森文庫



すでに読んでいる人も多いかもしれませんね。


「仕組み」を作った人たちの「具体的な」事例が紹介されており、副収入の仕組み作りをしようと考えている人には、その人たちの考え方や動き方が大変参考になります。


ちなみに紹介されている人たちの多くは仕組みを「副収入」ではなく「本業」にまで高め、結果、「自由」を手に入れています。


見習いたいものですね。

誰もが上手に就職したいですよね。

とはいえ、会社の本当のところの情報はホームページを見ても、会社説明会に参加して話を聞いても、面接を受けてみても十分には知り得ません。

僕が経験上思うことは、

■紹介予定派遣 → 正社員

という流れで就職することがベストということ。

「紹介予定派遣」とはあらかじめ取り決めた期間が経過して、双方が合意したときに直接雇用されるという働き方です。

僕自身がその手順で就職しました。
僕の場合はまず「3ヶ月間」が派遣期間でした。その後正社員となり、5年経った今は係長として仕事をしています。

僕は「3ヵ月間」という期間で、会社を観察することができました。
観察した上で「よし、やっていこう」とか「ここでならやっていけるかな」という判断をすることができます。
そこが紹介予定派遣の良い所です。

そして採用側も「すぐに正社員採用というわけではない」とか「まずはちょっと仕事ぶりを見せてもらおうかな」という風に「正社員採用」とは明らかに違うスタンスで面接に臨んでくれます。
また、派遣会社の担当者も「商品」である派遣社員を採用側に売り込んでくれます。

つまり、通常の正社員採用より遥かに受かり易くなるわけです。

今現在仕事に就かれていない方は、まずは紹介予定派遣に登録して仕事を探してみてはどうでしょうか?

紹介予定派遣、良いと思います。


「収入」って大事ですよね。

収入をなるべく多くし、支出をなるべく少なくする。
そして得た利益で投資や貯蓄を行う。

そういう動きが必要です。

思うに収入は、

①基本収入を労働で得る
②副収入を不労所得で得る

というカタチがベストではないでしょうか。

まずは就職して基本収入を確保し、その上で副収入の仕組みを確立する。

そういう収入のあり方を目指したいと思います。
これまで基本的に中小企業で働いてきたけれど、ワンマン経営が多かったです。
勿論、それは中小企業ではよくあること。

その代わり、中小企業の醍醐味は「経営(陣)に近い」ということがあります。
自分の商才を世に問うことが、そして経営者としての視点を養うことが大企業勤めよりも早い段階でできます。
ワクワクしますよね。

でもですね、でもですよ、中小企業では経営陣が特に何も先を考えていないことがよくあります。
(まあ、大企業でも少なからずあるとは思いますが)

特にいつでも、いつまでも中小企業の規模のままでいる会社は「ワンマン経営」+「ビジョンなし」という現象が起きているのではないかと推測しています。まあ特に統計を取ったわけでもなんでもないですけど、なんとなく経験則としての実感にすぎませんが。

そして僕ですが、よく「進言」する性格です。
「こうしたらもっと良くなる」という旨のことを上に提案します。
そうした方が明らかに良いと思える根拠がある場合にしかしませんけど。
でも受け入れられることは少なかったです。
反対に嫌われることは多かったです。

残念です。